しぐさの比較文化 : ジェスチャーの日英比較

リージャー・ブロズナハン 著 ; 岡田妙, 斎藤紀代子 訳

しぐさは、文字やことばと同じように、国が違えば必ず違う。外国語を読み、書き、話すことが出来ても、しぐさの仕組みを知らないのでは本当に外国語を知っているとは言い難い。本書の第1の目的は日英間の非言語伝達について最も身近で、頻度に高いしぐさと、その日英間の重要な差違を公正に見渡すことである。第2に、外国語学習者に非言語伝達の重要性と、その日英間の相違を認識してもらい、日英間の壁を乗り越えるためのきっかけを作れるようにすることである。第3の目的は外国語教育の中で少しずつ位置を占め始めてきた非言語伝達の研究に、ささやかながら貢献をすることである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 心が通う触れ合い
  • 2 身の周りの空間は誰のものか
  • 3 人に向かうとき、背を向けるとき
  • 4 見かけ通りか、見かけ倒れか
  • 5 堅苦しく威圧的な姿勢とくつろいだ友好的な姿勢
  • 6 隠そうにも隠しきれないそぶり
  • 7 腕を組むとき、振り上げるとき
  • 8 脚を伸ばせば尊敬、曲げれば不遜
  • 9 頭を上げる者と下げる者
  • 10 豊かに表現し、明確に伝える手のしぐさ
  • 11 微妙にして複雑な顔の表情うらおもて
  • 12 目は口ほどに物を言う
  • 13 音声と沈黙が意味するもの
  • 14 身の周りの物品がその持ち主について語るもの
  • 15 環境が人をはぐくみ、人が環境を創る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 しぐさの比較文化 : ジェスチャーの日英比較
著作者等 Brosnahan, Leger
岡田 妙
斎藤 紀代子
ブロズナハン リージャー
書名ヨミ シグサ ノ ヒカク ブンカ
書名別名 Japanese and English gesture

Shigusa no hikaku bunka
出版元 大修館書店
刊行年月 1988.3
ページ数 298p
大きさ 19cm
ISBN 4469241903
NCID BN02232294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88037413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想