注解仲裁法

小島武司, 高桑昭 編

内外国における、商取引ないし企業活動によって生ずる紛争を仲裁に付託することが多くなり、またわが国の企業が当事者となることも少なくない。本書は、民事訴訟法第8編及びその他の渉外的仲裁事件における法の解説にとどまらず、主要国の仲裁法の概略、外国の主要仲裁機関の仲裁規則、わが国が締約国となっていない多数国間条約、地域的国際機関による仲裁規則等、対象を広くとりあげる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 日本における仲裁制度の沿革と展望
  • 第1編 仲裁に関する国内法
  • 第2編 日本国が締約国となっている条約
  • 第3編 日本における仲裁機関の仲裁規則
  • 第4編 主要国の仲裁制度
  • 第5編 外国における主要仲裁機関の仲裁規則
  • 第6編 国際的仲裁規則・日本が締約国となっていない多数国間条約・国際連合の仲裁規則及び模範法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 注解仲裁法
著作者等 小島 武司
高桑 昭
書名ヨミ チュウカイ チュウサイホウ
書名別名 Chukai chusaiho
シリーズ名 注解民事手続法 6
出版元 青林書院
刊行年月 1988.5
ページ数 917p
大きさ 22cm
ISBN 4417010196
NCID BN02228355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88040865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想