リーマンとアインシュタインの世界

リワノワ 著 ; 松野武, 山崎昇 訳

貧困と不遇のなかにあって、独自の空間の概念をつくり出したリーマンの生涯を軸にして、非ユークリッド幾何学の礎を築いたロバチェフスキー、フリードマンの業績を紹介。さらにそれがアインシュタインの相対性理論として開花してゆく過程を鮮やかに描き出す。宇宙の実像に迫る人間と科学の限りない挑戦のドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 リーマン-新しい世界像を創り出した人(生いたち
  • 試験講義
  • リーマン幾何学の世界
  • 質から量へ
  • もう一つの非ユークリッド幾何学
  • 実在の空間の真の構造は?
  • 真理と人間ガウスの立場をめぐって
  • 幾何学と別れて-リーマンのその後
  • リーマンとアインシュタインをつなぐ人々)
  • 第2部 相対性理論と宇宙の構造(光と引力の謎を追って
  • 世界観を変えたアインシュタイン
  • 宇宙は膨張する?!
  • フリードマン小伝
  • 空間と時間の織りなすドラマ宇宙創造の秘密)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リーマンとアインシュタインの世界
著作者等 Livanova, Anna Mikhailovna
山崎 昇
松野 武
リワノワ
書名ヨミ リーマン ト アインシュタイン ノ セカイ
書名別名 Riman to ainshutain no sekai
出版元 東京図書
刊行年月 1974
版表示 〔新装版〕
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4489003609
NCID BN02225710
BN06492989
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69009987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想