科学認識論

ガストン・バシュラール 著 ; ドミニック・ルクール 編 ; 竹内良知 訳

本書の認識論は、物理学的および化学的な諸科学の現代の進歩にたいするほぼ四分の一世紀にわたるはりつめた注意と、哲学的認識理論にたいする断固たる論戦的警戒と、これらの組み合わさった関心の成果であるが、不断の「自己論争」においてこの認識論固有のカテゴリーを改める漸次的訂正とから構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出発点(現代諸科学の「新しさ」
  • 哲学の「怠惰」 ほか)
  • 第1部 認識論の領域(認識論的領域という概念
  • 物理学の認識論 ほか)
  • 第2部 科学認識論の重要カテゴリー(応用合理論
  • 技術的唯物論 ほか)
  • 第3部 科学史にむかって(連続か不連続か?
  • 歴史的綜合とは何か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学認識論
著作者等 Bachelard, Gaston
Lecourt, Dominique
竹内 良知
ルクール ドミニック
バシュラール ガストン
書名ヨミ カガク ニンシキロン
シリーズ名 人間の科学叢書
出版元 白水社
刊行年月 1974
版表示 新装復刊
ページ数 278, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4560024251
NCID BA46870718
BN02222304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69005028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想