進化しない日本人へ : その国際感覚は自画像の反映である

杉本良夫 著

日本での国際化論議は、アメリカとの関係に焦点を置きすぎていて、一種の視野狭窄におちいっている。よく日本人は集団主義的、アメリカ人は個人主義的というような単純な比較図式で文化論が語られることが多いけれど、オーストラリアから見上げると、この二つの社会は似たりよったりの面もある。「全方位外交」だけでなく、「全方位国際化」の可能性について考えるときが来ている。世界的に行動している社会学者が看破し、あぶり出す、日本の像と90年代への条件!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「英語帝国主義」下の狂宴
  • 第2章 日本酷似の悲劇
  • 第3章 牙もつ集団主義
  • 第4章 壁と元凶
  • 第5章 <アホカイナ・カマヘン>のヒント
  • 第6章 「国際化」の思想・越境の思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 進化しない日本人へ : その国際感覚は自画像の反映である
著作者等 杉本 良夫
書名ヨミ シンカシナイ ニホンジン エ
出版元 情報センター出版局
刊行年月 1988.3
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 4795807124
NCID BN02212457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88028205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想