「東京」の社会学

加藤秀俊 著

江戸と呼ばれた時代から今日に至るまで、常に時代の先端を行き発展してきた巨大都市・東京-この街はいかにして都市として形成されてきたのか、また今後どのような姿になろうとしているのか?東京再開発が叫ばれる中、都市と住民、都市と文化という視点から、東京という"都市"の成り立ちと現状に社会学的なメスを入れて考察した、加藤社会学の好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 都市とはなにか
  • 第2章 日本の都市文化
  • 第3章 江戸の暮らし
  • 第4章 明治・大正の東京
  • 第5章 現在から未来へ
  • 第6章 東京の同時代史
  • 第7章 江戸の娯楽

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「東京」の社会学
著作者等 加藤 秀俊
書名ヨミ トウキョウ ノ シャカイガク
出版元 PHP研究所
刊行年月 1982.2
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 4569562493
NCID BN02200560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82021717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想