脳 : 可塑性と記憶と物質

久保田競 編

「脳と記憶」の研究は人間の言葉を対象にした心理学的または神経心理学的な研究から、最近は分子、遺伝子の研究にまで広がっている。本書は「脳と記憶」のメカニズムについて最新の研究をまとめたものである。文部省特定研究「神経回路の可塑性」のワークショップの記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 シナプス伝達と代謝調節(伝達物質合成系とその調節
  • シナプス小胞蛋白質と蛋白質リン酸化
  • レセプター
  • イオンチャネルと細胞内Ca2+の調節
  • 細胞内シグナル伝達系)
  • 2 学習と脳内変化(インプリンティング形成の神経機構
  • 海馬の長期増強の発現機構)
  • 3 神経の成長促進にあずかる因子について(神経成長因子:歴史と生理的意義
  • 神経回路発生に関与する因子
  • カテコールアミンとシナプスの可塑性
  • 中枢コリナージックニューロンと神経栄養因子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳 : 可塑性と記憶と物質
著作者等 久保田 競
書名ヨミ ノウ
書名別名 No
出版元 朝倉書店
刊行年月 1988.3
ページ数 210p
大きさ 22cm
ISBN 4254100671
NCID BN02199960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88033227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想