先端医療革命 : その技術・思想・制度

米本昌平 著

脳死判定基準、臓器移植、遺伝子交換…。現代医学の技術的進歩によって、われわれは生と死に関わる人間倫理の根本を問われている。すでに欧米では、医学を超え、法学、神学、哲学などが加わった論議が熱く交されているにもかかわらず、日本ではこの問題への取組みは立遅れている。それはなぜか。そして文化としての医療を確立するために、われわれが選ばねばならぬ行動規範は何なのか。いま最もラディカルな問題を真向から論ずる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 70年代アメリカ医療思想革命
  • 第2章 脳死と心臓移植
  • 第3章 優生社会への危険とは何か
  • 第4章 倫理委員会とは何か
  • 第5章 胚と胎児をめぐって
  • 第6章 先端医療の社会受容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先端医療革命 : その技術・思想・制度
著作者等 米本 昌平
書名ヨミ センタン イリョウ カクメイ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.4
ページ数 184p
大きさ 18cm
ISBN 412100874X
NCID BN0219952X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88039803
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想