構造意味論 : 方法の探究

A.J.グレマス 著 ; 田島宏, 鳥居正文 訳

現在欧米諸国で、単に言語学関係者ばかりでなく、一般知識人にとって古典的著作となっているグレマスの代表作で、長らく刊行が待たれていた待望の日本語版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 科学的意味論の諸条件
  • 表意作用の基本構造
  • ランガージュと言説
  • 表出された表意作用
  • 記号論レベル
  • 言説の同位態
  • 意味世界の組織
  • 表意作用の記述
  • 記述手続き
  • 行為項モデルに関する考察
  • 変形モデルを求めて
  • 記述の見本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 構造意味論 : 方法の探究
著作者等 Greimas, Algirdas Julien
田島 宏
鳥居 正文
グレマス A.J.
書名ヨミ コウゾウ イミロン
書名別名 Sémantique structurale
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1988.5
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 4314005017
NCID BN02194344
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88041451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想