みどりの香り : 青葉アルコールの秘密

畑中顕和 著

森林浴で知られるように、樹木の緑葉から放出される香りには、私たちの疲れた心を癒す不思議な力が秘められている。この発現物質の正体はなにか。それは濃度の変化により仲間との伝達・交信を行ない、害虫には外交・防衛の能力を発揮したり、"動く"ことのできない植物にとって、声であり手足の役目を果している物質-青葉アルコールであることが、著者により初めて解明された。著者30年の研究成果になる植物生理・生化学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 みどりの香り
  • 第2章 発現のしくみ
  • 第3章 みどりの香りはなぜ放たれるか
  • 第4章 食物のなかのみどりの香り
  • 第5章 みどりの香りと人間
  • 第6章 植物の知恵

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みどりの香り : 青葉アルコールの秘密
著作者等 畑中 顕和
書名ヨミ ミドリ ノ カオリ
書名別名 Midori no kaori
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.4
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4121008758
NCID BN02194286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88039794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想