生物学者のみた東南アジアの湖沼

水野寿彦 著

[目次]

  • まえがき / 3
  • 一 熱帯研究への経緯 / 13
  • 二 黄色い河・茶色い湖(タイ) / 17
  • 関所をくぐる / 17
  • 所変れば品変る / 19
  • 北部タイの湖沼 / 21
  • 大平原の中のブンボラペ湖 / 26
  • 東北タイの湖沼 / 28
  • クワイ河の魚類調査 / 31
  • カタコト英語の講義と実習 / 35
  • 文無しの悲哀 / 37
  • 三 泥水のトンレ・サップ湖(カンボジア) / 41
  • 水産庁長官は二四歳 / 41
  • 南湖を見る / 42
  • アンコール・ワット寸見 / 44
  • 北湖の水の華と魚類生産 / 47
  • 四 熱帯降雨林と黒い水のベラ湖(マレーシア 1) / 53
  • パソの原生林見学 / 53
  • 秘境ベラ湖を探る / 55
  • 各地の遠征を計画 / 58
  • フレザー・ヒルの英雄 / 61
  • マレー半島東海岸 / 64
  • 五 ジャングルの中のベラ湖と取り組む(マレーシア 2) / 67
  • 研究対象は黒い水 / 67
  • 湖畔の基地設営 / 69
  • 空を飛ぶ椅子 / 76
  • 長期滞在のために / 77
  • 黒い水の生物生産 / 83
  • 原始生活の残るセメライ族 / 90
  • ジャングルの中の小学校 / 97
  • 夜の街に拾う / 100
  • こんな男に誰がした / 103
  • パソの森林その後 / 106
  • たった一匹、わずか二個 / 107
  • 汽車の旅もまた楽し / 111
  • 六 インレ湖を目ざす(ビルマ) / 117
  • マンダレー行き普通列車 / 117
  • 仏教寺院 / 122
  • 霧のイラワジ河畔 / 125
  • 憧れのインレ湖に漕ぎ出す / 128
  • 七 ジャワ島の印象(インドネシア 1) / 135
  • 空港内の銀行とカワウソの標本 / 135
  • 野性ランの宝庫 / 138
  • ボロタクシーに乗るべからず / 141
  • 八 ボルネオの湿原を探る(インドネシア 2) / 145
  • マハカム河四〇〇キロを遡る(一) / 145
  • マハカム河四〇〇キロを遡る(二) / 151
  • ボルネオの伐採林 / 157
  • 九 スマトラの湿原と高山湖群(インドネシア 3) / 163
  • 水上警察に追われる / 163
  • タンチョン・ティガー村の歓迎 / 168
  • 不時着と日本の軍歌 / 171
  • ティーネマンの歩いた道 / 174
  • トバ湖の水 / 183
  • 最後の税関 / 190
  • 十 まとめ / 195
  • トラブルと教訓 / 195
  • 日本の水と東南アジアの水 / 204
  • 東南アジアのこれから / 207
  • 参考図書 / 213

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生物学者のみた東南アジアの湖沼
著作者等 水野 寿彦
書名ヨミ セイブツ ガクシャ ノ ミタ トウナン アジア ノ コショウ
シリーズ名 NHKブックス ; 378
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1980.10
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4140013788
NCID BN02192429
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81001608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想