2角形の詩論 : 北園克衛エッセイズ

北園克衛 著 ; アール・ヴィヴァン 編

北園克衛は『黒い火』をはじめ『真昼のレモン』『煙の直線』など23冊に及ぶ詩集で、数々の抽象とノン・フィギュラティフのパタンを作り上げることに成功した詩人である。その構想を定着させるために、彼は言語に形状と色彩と量感を与える実験をくり返した。詩論集『天の手袋』『ハイブラウの噴水』『黄いろい楕円』それに『vou』誌などから代表的エッセイを集録し、さらに唯一の鼎談記を加えた本格的な散文集である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天の手袋
  • ハイブラウの噴水
  • 黄いろい楕円
  • 私はこうして詩をつくる
  • 白のなかの白のなかの黒
  • VOU
  • 現代詩の技術と本質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 2角形の詩論 : 北園克衛エッセイズ
著作者等 アールヴィヴァン
北園 克衛
書名ヨミ ニカクケイ ノ シロン
出版元 リブロポート
刊行年月 1987.8
ページ数 213p
大きさ 21cm
ISBN 4845702827
NCID BN02190773
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87052677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想