神秘の光オーロラ

小口高 著

[目次]

  • 目次
  • プロローグ / 13
  • 第一章 幕あき / 15
  • 天に燃える / 16
  • 歴史
  • あかつき
  • 第二章 女神の国 / 27
  • 舞踏の場 / 28
  • 舞台
  • 地磁気の座
  • 天に赤気あり
  • フラフープ / 39
  • 環は回る
  • 女神の訪れぬ夜
  • 第三章 天の火と地の火 / 47
  • 他人の空似 / 48
  • 幻の太陽
  • 蜃気楼の仲間
  • 天と地の間 / 53
  • さまざまな混乱
  • 舞台の高さ
  • 第四章 明暗 / 59
  • コントラストの妙 / 60
  • バックの灯を消せ
  • 白熊に気をつけろ
  • 第五章 女神の衣 / 67
  • 裾さばき / 68
  • 姿態あれこれ
  • カーテンと裳裾
  • 裳裾のひだ
  • ところを選ぶ / 78
  • 煙か雲か
  • イルミネーションの点滅
  • 二七軒のオーロラ
  • 第六章 紅い灯、青い灯 / 89
  • 光るものは? / 90
  • 天上の元素
  • 螢光灯がふさわしい
  • ふところ具合 / 94
  • ビヤホールか家か
  • 第七章 アポロ(太陽)の妹 / 101
  • 電子がやって来る / 102
  • 戸籍をたどる
  • 飛び込む電子
  • 逃げ去るもの / 110
  • ランデブーはむずかしい
  • クラゲとエックス線
  • 昔の光 / 118
  • 忘れられたプリマドンナ
  • ピンボケ
  • 雉の尾
  • 極冠の光
  • 第八章 女神のしわざ / 131
  • 電流と磁場 / 132
  • 流れる
  • 揺れる
  • 電波の呼ぶ声 / 138
  • 女神とフライ
  • 小鳥はさえずる
  • 探偵たちの推理
  • 女神の深情け / 146
  • 可愛さ余って
  • 消えた女神を探そう
  • 第九章 情熱の時 / 153
  • 舞台まわし / 154
  • 舞台のひろがり
  • 情熱の舞 / 159
  • オーロラ爆発
  • 頭と尻尾
  • 第十章 女神の係累 / 167
  • 磁場の壁 / 168
  • ユピテルはどこに
  • 壁のわれ目
  • 彗星地球 / 176
  • 地球の尾
  • 縁の糸
  • 壺のかたさ / 180
  • 平べったいたまねぎ
  • 止まるもゆくも
  • ざると壷
  • 第十一章 女神に情熱を与えるもの / 189
  • 渦ははき出す / 190
  • 奇妙な渦
  • 渦は発電機
  • 電気で奪い立つ
  • 縁の切れ目 / 197
  • 切ったりつないだり
  • X?(エックス型の場)
  • ラ・ロンド / 202
  • 女神の輪舞
  • 第十二章 落ちゆく先は / 207
  • ゴールはどこ / 208
  • わかれわかれに
  • 鳥はついばむ、実は落ちる / 210
  • 小鳥なぜ鳴く
  • これでもさえずり
  • フライを揚げる
  • はじめは終り / 215
  • 親と子と
  • 因果はめぐる
  • 水を汲むのは誰
  • まとめ
  • エピローグ / 227

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 神秘の光オーロラ
著作者等 小口 高
書名ヨミ シンピ ノ ヒカリ オーロラ
書名別名 Shinpi no hikari orora
シリーズ名 NHKブックス ; 329
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1978.10
ページ数 229p
大きさ 19cm
NCID BN02190285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78035193
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想