斜陽 : 他一篇

太宰治 作

敗戦直後の没落貴族の家庭にあって、恋と革命に生きようとする娘かず子、「最後の貴婦人」の気品をたもつ母、破滅にむかって突き進む弟直治。滅びゆくものの哀しくも美しい姿を描いた『斜陽』は、昭和22年発表されるや爆発的人気を呼び、「斜陽族」という言葉さえ生み出した。同時期の短篇『おさん』を併収。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 斜陽 : 他一篇
著作者等 太宰 治
書名ヨミ シャヨウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.5
ページ数 205p
大きさ 15cm
ISBN 4003109031
NCID BN02188920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88036253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
おさん 太宰 治
斜陽 太宰 治
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想