榎本武揚

加茂儀一 著

オランダ留学、箱館戦争、明治新政府官僚への転身、シベリヤ旅行、外務大臣…。出生から晩年までを貴重な資料で探求する終生苦悩を秘めた開明的政治家、武揚の決定版伝記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明治時代以降における榎本武揚の評価
  • 2 生立
  • 3 長崎海軍伝習所時代
  • 4 オランダ留学時代
  • 5 幕末大動乱時代
  • 6 戊辰の役
  • 7 蝦夷地への脱走
  • 8 箱館戦争
  • 9 獄中時代
  • 10 北海道開拓使時代
  • 11 ロシヤ滞在時代
  • 12 榎本の征韓論と南進論
  • 13 シベリヤ旅行と『シベリヤ日記』
  • 14 薩・長政府下における活動
  • 15 在支時代
  • 16 現業担当大臣としての榎本
  • 17 条約改正と榎本
  • 18 明治時代の最良官僚としての榎本
  • 19 晩年時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 榎本武揚
著作者等 加茂 儀一
榎本 武揚
書名ヨミ エノモト ブヨウ
書名別名 Enomoto buyo
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.4
ページ数 623p
大きさ 16cm
ISBN 412201509X
NCID BN02185194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88038089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想