西洋から西欧へ

小林昇, 杉山忠平 著

[目次]

  • 第1部 ヨーロッパの深部をめぐって(W・スターク翻訳のきっかけ
  • 思想史では飯が食えない?
  • ヨーロッパの"深部"とは
  • 近代社会の意味
  • ドイツの文書館
  • イギリス資本主義発達の特殊性
  • リカードウと"穀物法廃止"
  • 西欧経済学の受容-西周と福沢諭吉
  • 河上肇の漢詩-日本のインテリゲンチャ)
  • 第2部 文学と経済学のあいだ(森鴎外について-いわゆる二足のわらじ論
  • 西周のヨーロッパ
  • スミス体系への接近のむずかしさ)
  • 第3部 「科学から空想への経済学」を求めて(福沢諭吉の周辺
  • 学問と大学-現代学生気質
  • 鴎外の人間評価-『渋江抽斎』をめぐって
  • 「科学から空想への経済学」の発展)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋から西欧へ
著作者等 小林 昇
杉山 忠平
書名ヨミ セイヨウ カラ セイオウ エ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1987.11
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 4818801720
NCID BN02179635
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88012375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想