A-D変換を使いこなす : パソコン信号計測ソフト&ハードの基礎と実際

竹本晃, 稲村浩 共著

実際にアナログ信号をコンピュータに取り込むにはどうすればよいかを、回路図やプログラムとともに詳述。A‐D変換装置をシステムとしてとらえた。A‐D変換の精度と評価もシステム全体の精度を測定する実例で紹介。従来あまりふれられなかった入力段のフィルタの設計法やDMAの利用法などについてもくわしく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 A‐D変換へのアプローチ
  • 2 A‐D変換の原理と技術
  • 3 A‐D変換用ハードウェアの実例
  • 4 サポート・ソフトウェアの作成
  • 5 ディジタル・ストレージ・スコープへの応用
  • 6 A‐D装置の精度とその評価
  • 7 アンチ・エリアシング・フィルタ
  • 8 DMAインターフェースの実験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 A-D変換を使いこなす : パソコン信号計測ソフト&ハードの基礎と実際
著作者等 稲村 浩
竹本 晃
書名ヨミ エイ ディー ヘンカン オ ツカイコナス
シリーズ名 I/F essence
出版元 CQ
刊行年月 1988.1
ページ数 327p
大きさ 21cm
ISBN 4789836614
NCID BN02166123
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88014977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想