城と牢獄

渋沢竜彦 著

[目次]

  • サド侯爵とジャンヌ・テスタル事件
  • サドとマゾッホ-種村季弘『ザッヘル=マゾッホの世界』を読む
  • ラコスト訪問記
  • ラウラの幻影
  • エレアのゼノンあるいはボルヘスの原理
  • 一冊の本-コクトー『大胯びらき』
  • バイロスについて
  • ヴィスコンティ『家族の肖像』について
  • 金魚鉢のなかの金魚-埴谷雄高について
  • 稲垣足穂さんを悼む
  • 美しい笑顔-滝口修造さんを悼む
  • 呉茂一さんの翻訳について
  • 堀口大学氏の翻訳
  • 思想の良導体-斎藤磯雄氏の翻訳について
  • 超低空を飛ぶひと-川崎長太郎
  • 不真目人間の栄光と悲惨-種村季弘『詐欺師の楽園』
  • 加山又造あるいは豪奢な禁欲主義
  • 宝石のようなイメージ-野中ユリのこと
  • 銅版画のマニエリスト-山本六三

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 城と牢獄
著作者等 渋沢 竜彦
書名ヨミ シロ ト ロウゴク
シリーズ名 新編ビブリオテカ渋沢竜彦
出版元 白水社
刊行年月 1988.3
ページ数 214p
大きさ 20cm
ISBN 4560045380
NCID BN02160896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88031124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想