日本の家族

有賀喜左衛門 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 現代の家 / p1
  • 家はどんな方向に変化したか / p1
  • 近代家族と家 / p6
  • 家長権は弱められた / p16
  • 家は社会の基礎単位か / p20
  • 家の成立 / p21
  • 家は技術革新を阻害するか / p26
  • 家と互助組織 / p33
  • 農業の共同経営 / p42
  • 諸産業の比較と評価 / p44
  • 産業と社会と文化 / p48
  • 都市家族の一側面 / p49
  • 第二章 近代の家 / p58
  • 家族と家 / p58
  • 嫡系成員と直系親 / p70
  • 巨大な親族世帯 / p72
  • 他の大きな親族世帯の家 / p88
  • 非親族を含む大きな世帯の家 / p100
  • 非親族傍系成員の分家 / p109
  • 養子 / p120
  • 農村同族団の縮小傾向 / p129
  • 農業経営の零細化 / p142
  • 都市同族団の拡大 / p147
  • 第三章 古代の家 / p162
  • 租・庸・調 / p163
  • 生産物貢物 / p163
  • 徭役 / p168
  • 班田 / p170
  • 戸と家 / p173
  • 氏・部民制と天皇・公民制 / p173
  • 里における諸姓の混淆 / p183
  • 郷戸と房戸 / p186
  • 女子労働の重視 / p189
  • 同族集団 / p194
  • 戸 / p200
  • 嫡系と傍系 / p204
  • 私田・私地 / p207
  • 郷戸の分解 / p209
  • 庄園における本家末家 / p211
  • 第四章 戦国時代の家 / p215
  • 検地と家 / p215
  • 分家 / p220
  • 同族団の役割 / p238
  • 第五章 先祖の観念-家の系譜と家の本末の系譜と- / p241
  • 先祖の数え方 / p241
  • 本家の先祖と末家の先祖 / p247
  • 二重の先祖の意味 / p255
  • 先祖の観念 / p265
  • あとがき 口絵写真について / p273
  • 参考文献 / p277
  • 索引 / p280
  • 図版(巻頭)
  • 斉藤家(母屋) / p1
  • 斉藤家成員 / p2

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の家族
著作者等 有賀 喜左衛門
書名ヨミ ニホン ノ カゾク
シリーズ名 日本歴史新書
出版元 至文堂
刊行年月 1965
版表示 第2版
ページ数 287p 図版
大きさ 19cm
NCID BN0215752X
BN07880597
BN13112749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65007776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想