カフカの恋人ミレナ

M.ブーバー=ノイマン 著 ; 田中昌子 訳

ひとりのジャーナリストとして、またひとりの人間、ひとりの女性として、真摯かつ果敢に生を全うしたミレナ。ナチス女性収容所で彼女と出会い、固い友情で結ばれた著者によって綴られる、ミレナの生涯と過酷な時代の証言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • <嘆きの壁>の出会い
  • どんな野蛮な行為よりも強く
  • 父ヤン・イェセンスキー
  • 新しき時代を開くミネルヴィスト
  • 恋人
  • 底知れぬ深淵
  • フランツ・カフカとミレナ
  • 素朴への道
  • 結婚と病気
  • 袋小路で
  • 新しい仕事に向かって
  • 政治記者
  • 慈悲深き聖母
  • われわれを滅亡させるな
  • 破局的爆発
  • 自由な人間
  • 「地平線に悲しい時がのぼりくる…」
  • ミレナに護られた人たち
  • 狂信的な人びと
  • 生死をかけた友情
  • 最後の誕生日
  • ミレナの最期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カフカの恋人ミレナ
著作者等 Buber-Neumann, Margarete
田中 昌子
Buber Neumann Margarete
ブーバー・ノイマン マルガレーテ
書名ヨミ カフカ ノ コイビト ミレナ
書名別名 Kafuka no koibito mirena
出版元 平凡社
刊行年月 1976
ページ数 326p 肖像
大きさ 20cm
ISBN 4582760252
NCID BN02156130
BN09906818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73011258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想