奈良文化と唐文化

王金林 著

中国からみた日本の歴史。長安と奈良をつなぐ橋が日本の歴史をつくり変えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 唐の隆盛
  • 第2章 奈良王朝の成立
  • 第3章 奈良と長安を繋いだ橋
  • 第4章 唐をモデルとした奈良王朝
  • 第5章 東アジアの中の二つの法式備定の国
  • 第6章 奈良王朝のイデオロギー
  • 第7章 唐風文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奈良文化と唐文化
著作者等 王 金林
書名ヨミ ナラ ブンカ ト トウ ブンカ
書名別名 Nara bunka to to bunka
シリーズ名 東アジアのなかの日本歴史 2
出版元 六興
刊行年月 1988.4
ページ数 355, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4845380927
NCID BN0215256X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88034189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想