パリの夜 : 革命下の民衆

レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ 著 ; 植田祐次 編訳

不気味な緊張のただよう革命前夜のパリ、やがてバスチーユ襲撃に革命の火の手が燃え上がる。「私の描くのは民衆の姿だ」。熱狂と恐怖の渦巻くなか、レチフ(1734‐1806)は倦むことなく夜のパリを排徊し、おのが眼にうつる民衆の生態わ筆にうつす。サドと並んで華々しい復権をとげたフランス18世紀末の異色作家の代表作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリの夜 : 革命下の民衆
著作者等 Restif de la Bretonne
Restif de la Bretonne, Nicolas Edme
植田 祐次
植田 裕次
レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ
書名ヨミ パリ ノ ヨル
書名別名 Les nuits de Paris

Pari no yoru
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.4
ページ数 359p
大きさ 15cm
ISBN 4003258010
NCID BN02151669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88039047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想