エビと日本人

村井吉敬 著

エビフライ、天ぷらなど、1人平均で年に70匹。世界1のエビ消費国・日本は、その9割を輸入に頼っており、エビはいまや輸入食品の中でも首位の座にある。だが、一体どこでどのように獲られているのか。インドネシアでトロール船に乗り、台湾で養殖の実情を見るなど調査を重ねてきた著者が、日本とアジアとの知られざる関係を語る。

「BOOKデータベース」より

エビフライ、天ぷらなど、一人平均で年に七〇匹。世界一のエビ消費国・日本は、その九割を輸入に頼っており、エビはいまや輸入食品の中でも首位の座にある。だが、一体どこでどのように獲られているのか。インドネシアでトロール船に乗り、台湾で養殖の実情を見るなど調査を重ねてきた著者が、日本とアジアとの知られざる関係を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-なぜエビか?
  • 1 エビを獲る人びと-トロール漁の現場
  • 2 エビという生き物-生態・種類・獲られ方
  • 3 エビを育てる人びと-養殖をインドネシア・台湾に見る
  • 4 エビを加工する人びと-調味料づくり・殻剥き・箱詰め
  • 5 エビを売る人、食べる人-この4半世紀に何が起きたか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ なぜエビか?
  • 1 エビを獲る人びと-トロール漁の現場
  • 2 エビという生き物-生態・種類・獲られ方
  • 3 エビを育てる人びと-養殖をインドネシア・台湾に見る
  • 4 エビを加工する人びと-調味料づくり・殻剥き・箱詰め
  • 5 エビを売る人、食べる人-この四半世紀に何が起きたか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エビと日本人
著作者等 村井 吉敬
書名ヨミ エビ ト ニホンジン
書名別名 Ebi to nihonjin
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.4
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4004300207
NCID BN02121577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88039930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想