日本人の動物画

中野玄三 著

銅鐸にトンボやトカゲを刻んだ古代人、愛育するウシの像を誇りあった平安貴族、日本人は深く動物を愛し、多彩に表現した-美術史初の本格的な動物画研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 原始時代の動物表現
  • 正倉院御物の動物表現
  • 和様化の時代
  • 和様化時代の動物画
  • 涅槃図の動物
  • 花鳥画の時代
  • 花鳥画から動物画へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の動物画
著作者等 中野 玄三
書名ヨミ ニホンジン ノ ドウブツガ
書名別名 古代から近代までの歩み
シリーズ名 朝日選書 299
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1986.3
ページ数 248, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4022593997
NCID BN02121362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86031218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想