応用言語学

シャルル・ブートン 著 ; 滑川明彦 ほか共訳

言語学の成果はどのように応用されるのか。子供の言語発達のしくみから解き明かし、2言語併用、翻訳理論、自動翻訳の問題を探究、国語・外国語の教育方法にも言語学の応用を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 言の領域における応用言語学(言語の発達
  • 言語の病理学的諸相)
  • 第2部 相互伝達の領域における応用言語学-話の社会的側面(2言語併用
  • 翻訳)
  • 第3部 教育における応用言語学-言語の教育的側面(母語教育
  • 学校における外国語の習得)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 応用言語学
著作者等 Bouton, Charles P
会津 洋
滑川 明彦
滝沢 隆幸
滝沢 隆幸
ブートン シャルル
書名ヨミ オウヨウ ゲンゴガク
書名別名 La linguistique appliquée. 2.éd

Oyo gengogaku
シリーズ名 文庫クセジュ 688
出版元 白水社
刊行年月 1988.2
ページ数 143p
大きさ 18cm
ISBN 4560056889
NCID BN02115144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88027379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想