日本産業社会の転機

富永健一 著

後発産業社会としての日本が、その特殊「日本的」な民族性、集団主義、行動様式をメリットとして生かしえた時代は終った。転機を迎え、針路不分明な日本社会の現状を、福祉・労働・階層などにつらなる局面で科学的に分析し、社会学の確かな眼でとらえ直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本産業社会の転機
  • 第2章 産業化と社会構造の変動
  • 第3章 福祉国家形成の普遍主義的解釈
  • 第4章 産業社会の転機と労働者階級の分解
  • 第5章 日本と西ドイツの「戦後社会」とその転機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本産業社会の転機
著作者等 富永 健一
書名ヨミ ニホン サンギョウ シャカイ ノ テンキ
シリーズ名 UP選書 259
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1988.4
ページ数 215, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4130020595
NCID BN02112226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88038139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想