生命の起原 : その物理学的基礎

J.D.バナール 著 ; 山口清三郎, 鎮目恭夫 共訳

[目次]

  • 目次
  • 1 まえおき / p1
  • 2 私の進路--生命の起原の硏究 / p5
  • 3 生命とは何か--廣義の生命と地上の生命 / p7
  • 4 生命をなぜ歷史的なものとみるべきか / p12
  • 5 進行の急速な段階は痕跡をのこさない / p17
  • 6 生まれた生命は生んだ母體に働きかける / p19
  • 7 生命進化の諸可能性と現實 / p21
  • 8 生命の謎をとく利器の發達 / p23
  • 9 進化の歷史劇のあら筋 / p28
  • 10 原始地球の表面 / p30
  • 11 生命のはじまり / p34
  • 12 有機高分子の出現と粘土の役割 / p38
  • 13 石英結晶と有機物の光學異性について / p43
  • 14 生物の化學組成の特性と蛋白質の役割 / p45
  • 15 生命の化學的進化と内部經濟の確立 / p56
  • 16 生命の最初の危機と光合成の出現 / p60
  • 17 大氣酸素の出現の影響 / p64
  • 18 生物體の進化と細胞 / p67
  • 19 細胞分裂の一試論 / p75
  • 20 細胞と環境との相互作用と多細胞生物(動植物)の進化 / p79
  • 21 生物科學の合理的變革へ / p85
  • 解說
  • 一 ダーウィンの「種の起原」からオパーリンの「生命の起原」まで / p89
  • 二 生命の起原に關するオパーリンの見解 / p95
  • 三 オパーリンの說とバナールの說との比較 / p104
  • 四 生命現象とその史的性格の物理學的基礎--一般的考察-- / p111
  • 五 生命現象の生化學的基礎--比較生化學的側面-- / p135
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生命の起原 : その物理学的基礎
著作者等 Bernal, J. D.
Bernal, John Desmond
山口 清三郎
鎮目 恭夫
J.D.バナール
書名ヨミ セイメイ ノ キゲン : ソノ ブツリガクテキ キソ
書名別名 Seimei no kigen
シリーズ名 岩波新書 ; 第119
出版元 岩波書店
刊行年月 1952
ページ数 161p
大きさ 18cm
NCID BN02096822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53001601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想