戦後日本の財政投融資

竹原憲雄 著

日本の財政投融資は、深刻な財政危機と金融自由化の中で混迷の度を深めている。本書は、現下の財政投融資がかかえる課題の解明と改革にむけて、これまでの研究を批判的に摂取しながら、戦時期から昭和50年代にいたる発展過程を歴史的構造的に論究する労作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦時期の財政投融資-戦後財政投融資前史
  • 第2章 戦後混乱期の財政投融資とその役割-戦後預金部の展開
  • 第3章 復興期財政投融資の機構整備
  • 第4章 高度成長期(昭和30年代)財政投融資の展開
  • 第5章 経済転換期(昭和40年代)の財政投融資とその役割-財投における「景気調整」機能の展開
  • 第6章 低成長期(昭和50年代)の財政投融資-資金運用部と地方財政資金

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本の財政投融資
著作者等 竹原 憲雄
書名ヨミ センゴ ニホン ノ ザイセイ トウユウシ
書名別名 Sengo nihon no zaisei toyushi
出版元 文真堂
刊行年月 1988.3
ページ数 327p
大きさ 22cm
ISBN 4830934980
NCID BN02096516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88046355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想