観察された記憶 : 自然文脈での想起  下

U.ナイサー 編 ; 富田達彦 訳

[目次]

  • 第5部 パフォーミング<記憶運用>(読み書き能力と記憶
  • ユーゴスラヴィアの口唱詩
  • リベリアにおける部族史
  • ニューギニアにおけるトーテム知識
  • 物語再生の決定子としての読み書き能力、文化的熟知度、「知能」 ほか)
  • 第6部 ものごとを身につける(将来の行為を行なうための想起
  • 外部的記憶補助
  • 児童の展望的想起
  • 就学前児童の随意記憶の発達
  • 生態的ニッチ取り)
  • 第7部 特殊な人びと(記憶人間
  • 記憶術者の人
  • もう1人の記憶術者
  • ある成人の直観像人間
  • 珍しい視覚記憶の一事例 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観察された記憶 : 自然文脈での想起
著作者等 Neisser, Ulric
富田 達彦
ナイサー アーリック
書名ヨミ カンサツサレタ キオク
書名別名 Memory observed
巻冊次
出版元 誠信書房
刊行年月 1989.9
ページ数 p282~517
大きさ 22cm
ISBN 4414302617
NCID BN02094463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89061406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想