果てしなき饗宴 : フロベールと『ボヴァリー夫人』

M.バルガス=リョサ 著 ; 工藤庸子 訳

1959年の夏、パリに到着したばかりのペルーの一留学生が買い求めた一冊の小説。それこそは、作家としての彼の人生を決定づけた「愛の物語」だった。現代ラテンアメリカ文学の最前線に立つ若き巨匠、マリオ・バルガス=リョサが、鍾愛の書『ボヴァリー夫人』をめぐってダイナミックに展開する、とびきり面白い文学論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 報われることなき情熱
  • 第2部 ペンの人間(付加された要素
  • 結合と置換
  • 『ボヴァリー夫人』における四つの時間
  • 語り手の変貌)
  • 第3部 最初の現代小説(アンチ・ヒーローの誕生
  • 小説は形式である
  • 内的独白
  • 客観性の技法-行動主義の小説
  • ベルトルト・ブレヒトとフロベール、あるいはひとつのパラドックス
  • 人生への否定的参加としての文学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 果てしなき饗宴 : フロベールと『ボヴァリー夫人』
著作者等 Vargas Llosa, Mario
工藤 庸子
バルガス・リョサ マリオ
書名ヨミ ハテシナキ キョウエン
書名別名 La orgia perpetua:Flaubert y "Madame Bovary"
シリーズ名 ボヴァリー夫人 319
筑摩叢書 319
出版元 筑摩書房
刊行年月 1988.3
ページ数 299, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4480013199
NCID BN02088879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88035077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想