ドイツ中世農民史の研究

瀬原義生 著

[目次]

  • 第1部 中世前期南西ドイツの耕地・集落形態と農民生活(中部ライン地域におけるフランク族の定住形態
  • 中世前期南西ドイツの耕地形態の紀源
  • フランク王国の東進
  • アラマンネン大公国とライヘナウ修道院
  • カロリング期南西ドイツにおける集落形態と農民生活)
  • 第2部 中世後期の農民闘争(中世後期農民闘争の諸形態
  • 13・4世紀南西ドイツにおける農奴解放-『チューリヒ古文書集』を中心として
  • 中世末期南ドイツにおける世襲保有の成立)
  • 第3部 ドイツ農民戦争(ドイツ農民戦争における富農層について
  • ドイツ農民戦争の基本的性格
  • ドイツ農民戦争の歴史的基底
  • ドイツ農民戦争における「神の正義」思想の歴史的系譜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ中世農民史の研究
著作者等 瀬原 義生
書名ヨミ ドイツ チュウセイ ノウミンシ ノ ケンキュウ
出版元 未来社
刊行年月 1988.3
ページ数 480, 26p
大きさ 22cm
NCID BN02088289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88035524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想