ガリレオ研究

アレクサンドル・コイレ [著] ; 菅谷暁 訳

落体の法則・慣性の法則はどのようにして発見されたか。その錯誤と曲折にみちた過程に分け入り、古典科学成立期の思考のドラマを見事に捉えた、科学史研究の古典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古典科学の夜明け(アリストテレス
  • 中世の議論-ブオナミーチ
  • インペトゥスの自然学-ベネデッティ
  • ガリレオ)
  • 第2部 落体の法則-デカルトとガリレオ(ガリレオ
  • デカルト
  • ガリレオ再説)
  • 第3部 ガリレオと慣性の法則(コペルニクス説の自然学的問題
  • 『二大世界体系についての対話』と反アリストテレス主義の論争
  • ガリレオの自然学)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古典科学の夜明け(アリストテレス
  • 中世の議論-ブオナミーチ
  • インペトゥスの自然学-ベネデッティ
  • ガリレオ)
  • 第2部 落体の法則-デカルトとガリレオ(ガリレオ
  • デカルト
  • ガリレオ再説)
  • 第3部 ガリレオと慣性の法則(コペルニクス説の自然学的問題
  • 『二大世界体系についての対話』と反アリストテレス主義の論争
  • ガリレオの自然学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリレオ研究
著作者等 Koyré, Alexandre
菅谷 暁
Koyr'e Alexandre
コイレ アレクサンドル
書名ヨミ ガリレオ ケンキュウ
書名別名 Études galiléennes

Garireo kenkyu
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 231
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1988.3
版表示 第3刷
ページ数 479, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4588002317
NCID BN02084007
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88034487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想