宇宙飛行機 : スペースシャトルを超えて

長友信人 著

ソ連のガガーリン少佐は1961年に人類初の宇宙飛行をなしとげた。あれから26年が過ぎ、最近新しい宇宙飛行の時代が訪れようとしている。各国は今までのような窮屈なカプセル型の宇宙船ではなく、どこの空港にも出発のときと同じ形で帰ってこれる翼のついた宇宙船「宇宙飛行機」を考えるようになった。本書では、航空機でもロケットでもない独自の特質を有し、多くの問題をはらんでいるこの宇宙飛行機を紹介しよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 宇宙飛行機の夢
  • 2 行って帰ってくるために
  • 3 地上から宇宙へ-ロケット推進
  • 4 翼と機体をどうするか
  • 5 いろいろな宇宙飛行機の構想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇宙飛行機 : スペースシャトルを超えて
著作者等 長友 信人
書名ヨミ ウチュウ ヒコウキ
書名別名 Uchu hikoki
シリーズ名 Frontier technology series 18
出版元 丸善
刊行年月 1987.11
ページ数 138p
大きさ 19cm
ISBN 4621032143
NCID BN0208322X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88011410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想