大系日本の歴史  4

永原慶二 ほか編

評議を繰り返す公卿。繊細な美の世界に酔う女院。私腹を肥やす受領たち。力に訴える武士と僧兵。そして末法の世…。絢爛たる王朝の社会に動めく様ざまな人間像を通して、古代と中世の懸け橋をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代の秋中世の春-はじめに
  • 将門と純友
  • 摂関政治の盛衰(外戚の地位を求めて
  • 道長の栄華)
  • 受領と官人の世界
  • 文化と宗教の新しい波
  • 都市京都の生活空間
  • 宋と高麗と日本
  • 坂東と奥州の反乱(平忠常の反乱
  • 平泉王国の成立
  • 八幡太郎義家の実像)
  • 治天の君と院政
  • 新しい法を担う人々
  • 武者と悪僧の世界
  • 荘園公領と村落生活
  • 歴史の転換点を見つめて-おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大系日本の歴史
著作者等 棚橋 光男
永原 慶二
永原慶二ほか
書名ヨミ タイケイ ニホン ノ レキシ
書名別名 王朝の社会
巻冊次 4
出版元 小学館
刊行年月 1988.4
ページ数 326p
大きさ 21cm
ISBN 4096220043
NCID BN02081701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88025583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
王朝の社会 棚橋 光男
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想