物価について

中山伊知郎 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • I物価問題のむつかしさ / p2
  • 1 王子のいないハムレット
  • あるインフレーション論争
  • 2 オール・イン・ワン
  • マーシャルの見かた
  • 価格論のありかた
  • 3 価格と物価のちがい
  • 貨幣の価値
  • 物価指数の二面性
  • 4 物価問題か、インフレ問題か
  • 貨幣論
  • 物価上昇の原因をどう捉えるか
  • 5 物価はなぜ重要であるか
  • 需要と供給を正確に反映
  • 経済変動と物価体系
  • 物価は将来の経済動活を作る
  • II 日本の物価論争
  • 1 御売物価と消費者物価
  • 消費者物価の上昇
  • GNPデフレーターの考え
  • サービス料金
  • 2 賃金と物価の関係
  • 賃金は労働の価格
  • コスト・プッシュ・インフレーション
  • 3 公債と物価
  • 公債はつねに危険をともなうか
  • 無制限な膨張の危険性
  • III 個別物価の特殊問題 / p58
  • 1 個別価値の制度的な要因
  • 日本の制度がもたらすもの
  • a 米価
  • b 再販売価値
  • c 地価
  • d 流通コストの問題
  • 2 個別物価と一般価値
  • 輸入の自由化
  • IV 三つの基本的な問題 / p90
  • 1 成長はかならず物価上昇をともなうか
  • 二十世紀における通貨価値の下落
  • 第二次大戦後の物価の動き
  • 消費パターンの近代化と労働力不足
  • 産業構造の変化と物価上昇
  • 2 金を出せばインフレーションになるか
  • 貨幣数量説
  • フィッシャーの交換方程式
  • マーシャルの残高方程式
  • ケインズの価値理論
  • 新しい物価理論
  • 3 所得政策は成立するか
  • 所得政策の考えかた
  • 所得政策の基準としての生産性
  • 長期の基準と短期の基準
  • 生産性の測定はむつかしい
  • ソ連におけるリーベルマン方式導入の意義
  • V 安定成長のために / p149
  • 1 物値の戦略地位
  • 安定成長の四つの指標
  • 指標相互の矛盾と解決の手がかり
  • 2 発展と循環との総合
  • シュムペーターの資本主義観
  • 経済の適応能力
  • 3 安定成長下の物価
  • 成長論者の批判
  • 構造変動論について
  • 4 政策の方向
  • 安定成長への自信の確立を
  • 物価政策の二本の柱
  • 政策と消費者監視
  • 付録 物価問題懇談会(要旨) / p181
  • 参考文献 / p195

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 物価について
著作者等 中山 伊知郎
書名ヨミ ブッカ ニ ツイテ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1967
ページ数 195p
大きさ 18cm
NCID BN02081097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67003543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想