担保物権法

柚木馨 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 総論 / p1
  • 第二章 留置権 / p10
  • 第一節 総説 / p10
  • 第二節 留置権の成立要件 / p16
  • 第三節 留置権の効力 / p24
  • 第四節 留置権の消滅 / p30
  • 第三章 先取特権 / p33
  • 第一節 総説 / p33
  • 第二節 先取特権の種類 / p40
  • 第一款 一般の先取特権 / p40
  • 第二款 動産の先取特権 / p47
  • 第三款 不動産の先取特権 / p58
  • 第三節 先取特権の効力 / p60
  • 第四節 先取特権の消滅 / p70
  • 第五節 民法以外の法律による先取特権 / p70
  • 第四章 質権 / p75
  • 第一節 総説 / p75
  • 第二節 動産質 / p85
  • 第一款 動産質の設定 / p85
  • 第二款 動産質の効力 / p95
  • 第三款 証券による動産質 / p108
  • 第三節 不動産質 / p111
  • 第四節 権利質 / p119
  • 第一款 総説 / p119
  • 第二款 債権質 / p121
  • 第三款 その他の権利質 / p135
  • 第五章 抵当権 / p140
  • 第一節 総説 / p140
  • 第一款 大陸法における抵当制度の発展 / p140
  • 第二款 日本法における抵当制度の発展 / p176
  • 第三款 抵当権の作用と性質 / p186
  • 第二節 抵当権の設定 / p197
  • 第三節 抵当権の付従性 / p202
  • 第一款 一般 / p202
  • 第二款 根抵当 / p215
  • 第四節 抵当権の効力の及ぶ範囲 / p230
  • 第一款 目的物の範囲 / p230
  • 第二款 物上代位 / p245
  • 第三款 被担保債権の範囲 / p255
  • 第五節 抵当権の侵害に対する保護 / p260
  • 第六節 抵当権の処分 / p269
  • 第七節 抵当権の順位(特に租税優先権の問題) / p274
  • 第八節 抵当権の実行一般 / p281
  • 第九節 競売の目的物に関する特則(特に法定地上権) / p305
  • 第一〇節 他の債権者との関係に関する特則 / p320
  • 第一一節 第三取得者との関係に関する特則 / p332
  • 第一二節 賃借人との関係に関する特則 / p345
  • 第一三節 抵当権の消滅 / p354
  • 第一四節 民法以外の法律による抵当権 / p357
  • 第六章 譲渡担保 / p386
  • 参考文献 / p405
  • 事項索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 担保物権法
著作者等 柚木 馨
高木 多喜男
書名ヨミ タンポ ブッケンホウ
シリーズ名 法律学全集 ; 第19
出版元 有斐閣
刊行年月 1958
版表示 第3版
ページ数 406p
大きさ 22cm
ISBN 4641901155
NCID BA64818582
BN02078922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58011634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想