御木本幸吉

大林日出雄 著

"真珠王"御木本幸吉は、これまでいわれてきたような真円真珠の発明家ではなく、養殖真珠の逞ましい企業家であり、技術と漁場の独占に辣腕をふるい、巧みな演出と商魂によって全世界に"ミキモト・パール"の名を売り込んだ偉大な商人であった。本書は幾多の新資料を駆使して、伝説化された既往の"真珠王伝"を大きく書き改めた力篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 幼少年時代
  • 第2 青年時代
  • 第3 海産物商人として出発
  • 第4 真珠商人への道(真珠養殖家小川小太郎を知る
  • 柳楢悦との出会い)
  • 第5 真珠養殖業への出発(箕作佳吉博士らの指導を受ける
  • 真珠養殖実験の成功)
  • 第6 御木本真珠養殖場の創設と事業の確立(養殖事業の確立と東京に御木本真珠店
  • 貴金属加工工場も経営)
  • 第7 御木本の技術独占への抵抗と真円真珠への道
  • 第8 真円真珠養殖法の発明と御木本(見瀬辰平の研究
  • 西川藤吉の研究と見瀬辰平
  • 桑原乙吉の研究)
  • 第9 御木本の発展とそれへの抵抗
  • 第10 真珠王の地位を確立
  • 第11 戦時下の苦難期を乗りきる
  • 第12 戦後の発展と真珠王の死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 御木本幸吉
著作者等 大林 日出雄
書名ヨミ ミキモト コウキチ
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1988.4
版表示 〔新装版〕
ページ数 280p
大きさ 19cm
ISBN 4642051147
NCID BN02074604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88031804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想