海の政治学 : 海はだれのものか

曽村保信 著

日本のような島国の住民は、日夜海から莫大な恩恵を受けているが、われわれはいったいどこまで海を支配する権利をもっているのだろうか。本書は"海洋国家"日本の国際環境をどう捉えればいいのかを、古代から現代のシーレーン問題に至るまで大きなスケールのもとに考察した、まったく新しい学問的成果である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 島国日本(黒潮の流れとともに
  • 水軍と倭寇
  • 鎖国の意味
  • 海軍の遺産
  • 現代日本の海洋環境)
  • 第2章 海洋自由の意味をめぐって(自由海と閉鎖海
  • グロティウスとセルデンの論争
  • 英国海軍の功罪)
  • 第3章 200カイリへの動き(第2次大戦の影響
  • 制海の武器としての原潜
  • ソ連の海洋理論と戦略
  • 200カイリの源流
  • 国連海洋法会議への評価)
  • 第4章 現代のシー・パワー論(海軍とは何か
  • 現代の砲艦外交
  • 現代の海戦と兵器
  • シーレーンの戦い
  • 20世紀末の米国海軍)
  • 第5章 海でしか生きられぬ日本人(太平洋の時代
  • 日本のシーレーン再考
  • 造船と海運の対策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海の政治学 : 海はだれのものか
著作者等 曽村 保信
書名ヨミ ウミ ノ セイジガク
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.3
ページ数 266p
大きさ 18cm
ISBN 4121008715
NCID BN02074342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88033042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想