合金状態図の解説

清水要蔵 著 ; 長崎誠三 補訂

[目次]

  • 目次
  • 第1章 概説
  • 1-1 系 / p2
  • 1-2 成分 / p2
  • 1-3 濃度 / p2
  • 1-4 相 / p4
  • 1-5 平衡 / p5
  • 1-6 状態図 / p6
  • 1-7 状態図の作成 / p6
  • 第2章 二元合金
  • 2-1 相律 / p8
  • 2-2 二元合金の冷却曲線 / p9
  • 2-3 二元合金状態図の作成 / p9
  • 2-4 成分相互の溶解度 / p11
  • 2-5 成分間の化合物 / p13
  • 2-6 二元合金状態図の説明 / p14
  • (A) 両成分間に化合物を生じない場合 / p16
  • (a) 融体において両成分相互完全に溶解し
  • (1) 固体においても相互完全に溶解する場合 / p16
  • (2) 固体においては,高温では相互完全に溶解するが,低温では溶解度に限界がある場合 / p20
  • (3) 固体において溶解度を有しない場合(共晶型の1) / p21
  • (4) 固体において相互溶解度に限界があり / p25
  • (i) 2種の固溶体が共晶を作る場合(共晶型の2) / p25
  • (ii) 2種の固溶体の一方が包晶を作る場合(包晶反応型) / p29
  • (b) 融体において両成分相互溶解度に限界があり / p32
  • (1) 固体において溶解度を有しない場合(偏晶反応型の1) / p32
  • (2) 固体においても相互溶解度に限界がある場合(偏晶反応型の2) / p34
  • (c) 融体において溶解度を有しない,したがって固体においても同様溶解度を有しない場合 / p36
  • (B) 両成分間に化合物を生ずる場合 / p37
  • (α) 化合物が自己の融点を示し
  • (a) 融体において相互完全に溶解し
  • (1) 固体において溶解度を有しない場合 / p37
  • (2) 固体において溶解度に限界がある場合 / p38
  • (b) 融体において溶解度に限界があり
  • (1) 固体において溶解度を有しない場合 / p40
  • (2) 固体においても溶解度に限界がある場合 / p41
  • (β) 化合物がその融点以下で分解するため自己の融点を示さず
  • (a) 融体において完全に溶解し
  • (1) 固体において溶解度を有しない場合 / p41
  • (2) 固体において溶解度に限界がある場合 / p43
  • (b) 融体において溶解度に限界があり
  • (1) 固体において溶解度を有しない場合 / p44
  • (2) 固体においても溶解度に限界がある場合 / p44
  • (C) 固体において変態点を有する場合 / p45
  • (1) 成分相互が変態の前後いずれにおいても完全に溶解する場合 / p45
  • (2) 成分相互が変態の前後いずれにおいても溶解度を有しない場合 / p47
  • (3) 成分相互が高温度においては完全に溶解するが,冷却変態後一部あるいは全部不溶解となる場合 / p48
  • (4) 成分相互が高温度において一部溶解するが冷却変態後その溶解度をいちじるしく変える場合 / p49
  • 2-7 鉄‐炭素系状態図の説明 / p51
  • 2-8 銅‐亜鉛系の状態図 / p56
  • 2-9 アルミニウム-亜鉛系の状態図 / p57
  • 2-10 二元系のまとめ / p61
  • (1) 基本となる状態図の説明 / p61
  • (2) 相の名づけ方 / p61
  • (3) 実際の状態図を見る場合に / p62
  • 第3章 三元合金
  • 3-1 三元合金状態図の作成 / p63
  • 3-2 三元合金状態図の説明 / p65
  • (A) 二元系ならびに三元系のいずれにおいても化合物を生じない場合
  • (a) 融体において完全に溶解し
  • (1) 固体においては溶解度をもたない場合 / p66
  • (2) 固体においてもまた完全に溶解する場合 / p71
  • (3) 固体においては溶解度に限界がある場合
  • (i) 三組の二元系中一組が固溶体の溶解度に限界があり,共軛固溶体が共晶を作る場合 / p72
  • (ii) 三組の二元系中二組が固溶体の溶解度に限界があり,共軛固溶体が共晶を作る場合 / p73
  • (iii) 三組の二元系のいずれもが固溶体の溶解度に限界があり,その共軛固溶体が共晶を作る場合 / p73
  • (b) 融体において溶解度に限界があり,固体においては溶解度をもたないか,または溶解度に限界がある場合 / p74
  • (B) 一組の二元系において化合物を生じ,化合物と三成分とが融体において完全に溶解するが,固体においては溶解度をもたないか,または溶解度に限界がある場合 / p75
  • (C) 数種の二元化合物を生じ,これらの化合物と三成分とが融体において完全に溶解するが,固体においては溶解度をもたないか,または溶解度に限界がある場合 / p76
  • (D) 三元化合物を生じ化合物と三成分が融体においては相互完全に溶解するが,固体においては溶解度をもたないか,または溶解度に限界がある場合 / p77
  • 付録1 金属の結晶構造と状態図 / p79
  • 付録2 ギリシャ文字の読み方 / p85
  • 付録3 元素一覧表(アルファベット順) / p86
  • 付録4 元素周期表 / p89
  • 索引(和文) / p91
  • 索引(英文) / p95

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 合金状態図の解説
著作者等 清水 要蔵
長崎 誠三
書名ヨミ ゴウキン ジョウタイズ ノ カイセツ
出版元 アグネ
刊行年月 1964
版表示 改訂増補版
ページ数 94p
大きさ 22cm
ISBN 4750705020
NCID BN02069910
BN13247293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64003574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想