フランス行政法の研究

神谷昭 著

[目次]

  • 目次
  • フランス行政法成立史-行政裁判権の形成・確立をめぐって- / p1
  • フランス行政法における公役務概念について / p121
  • 第一章 公役務概念の成立とその展開 / p121
  • 第一節 公役務理論の判例上への導入 / p121
  • 第二節 公役務理論の学説上の展開 / p146
  • 第三節 公役務理論と行政判例の状態 / p167
  • 第二章 公役務理論の衰退とその原因 / p192
  • 第一節 序説 / p192
  • 第二節 国の商工業的役務の拡大と公役務理論 / p200
  • 第三節 職業団体の行為と公役務理論 / p223
  • 第四節 国有化企業の発生と公役務理論 / p239
  • 第三章 公役務理論の評価と現行フランス行致法の基礎概念 / p253
  • 第一節 公役務概念の評価 / p253
  • 第二節 現行フランス行政法の基礎概念 / p264
  • 結語 / p268
  • コライユ「フランス行政法における公役務の法律的概念の危機」(一九五四年) / p271
  • フランス行政法における L'établissement public の制度について-行政による役務管理の一態様の考察- / p281
  • はしがき / p283
  • 一 公施設の概念およびその特色 / p284
  • 二 公施設に関する法制度 / p288
  • 三 公施設の概念の動揺 / p293
  • むすび / p295
  • フランス行政法における法の一般原理 / p297
  • 一 法の一般原理の適用された諸事例 / p302
  • 二 法の一般原理の生成と発展 / p313
  • 三 コンセイユ・デタにおける法の一般原理の使用とその限界 / p321
  • むすび / p328
  • フランスの行政訴訟制度 / p333
  • 一 はしがき / p335
  • 二 行政裁判制度の成立及び発展 / p335
  • 三 コンセイユ・デタによる行政裁判権の発達 / p338
  • 四 むすび / p346
  • 五 一九五三年のデクレによる行政訴訟制度の改革と行政訴訟制度の現下の問題点 / p347
  • フランス行政法における国の危険責任 / p351
  • 序説 / p353
  • 第一章 フランスにおける国の危険責任の判例立法上の発展およびその適用事項 / p357
  • 第二章 危険責任の概念 / p373
  • 第三章 国家責任の基礎としての過失と危険との一体化 / p383
  • 第四章 公法上の責任と私法上の責任(国家責任と私人の責任) / p398
  • 第五章 危険責任の法理と国家賠償に関する若干の問題 / p410
  • むすび / p420
  • 神谷昭著作目録 / p423

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 フランス行政法の研究
著作者等 北海道大学法学部
神谷 昭
書名ヨミ フランス ギョウセイホウ ノ ケンキュウ
シリーズ名 北海道大学法学部叢書 ; 1
出版元 有斐閣
刊行年月 1965
ページ数 426p
大きさ 22cm
NCID BN02062150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66000402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想