一般記号学 : パース理論の展開と応用

エリーザベト・ヴァルター 著 ; 向井周太郎 他訳

知覚、行為、思考に属するものは全て記号論的に把握され記述されうる。あらゆる領域での適用装置として一般記号学を展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 記号論の歴史概観-プラトンから現代まで
  • 1 パースの基礎理論(基礎となるカテゴリー
  • 三項関係としての記号
  • 記号連関
  • 三項関係としての記号クラス
  • 三分法と包摂段階
  • 記号テーマ措定と実在テーマ措定
  • 大マトリックスによる下位記号の区別)
  • 2 基礎理論の拡大(記号機能
  • 記号操作
  • 記号対象
  • 記号過程
  • 記号体系
  • 記号空間
  • 状況・環境・チャンネル
  • 記号およびコミュニケーションのグラフ理論的な特徴
  • 編成・情報・伝達の媒体としての記号)
  • 3 記号論の適用(記号論と美学
  • 記号論とデザイン
  • 記号論と建築
  • 記号論と数学)
  • 4 総括と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一般記号学 : パース理論の展開と応用
著作者等 Walther, Elisabeth
向井 周太郎
脇阪 豊
菊池 武弘
ヴァルター エリーザベト
書名ヨミ イッパン キゴウガク
書名別名 Allgemeine Zeichenlehre
出版元 勁草書房
刊行年月 1987.12
ページ数 197p
大きさ 20cm
ISBN 4326152036
NCID BN02062070
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88016351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想