物理学入門 : 力と運動  上

武谷三男 著

[目次]

  • 目次
  • 科學とはどんなものか / p1
  • 物理學諸分科の關連 / p29
  • 靜力學 / p43
  • エジプトの技術 / p43
  • --ギリシャの技術 / p44
  • --アルキメデス / p46
  • --テコの原理 / p48
  • --對稱の理について / p50
  • --滑車 / p51
  • --力の能率 / p52
  • --假想仕事の原理 / p53
  • --仕事 / p55
  • --永久連動 / p57
  • --斜面の原理 / p60
  • --位置のエネルギー / p61
  • --力の合成分解 / p63
  • --作用と反作用 / p65
  • 動力學 / p69
  • 一 天體の運動 / p69
  • 古代アジア社會の天文學 / p70
  • --ギリシャ初期の天文學 / p73
  • --ギリシャ的宇宙觀の發端 / p75
  • --ピタゴラス學派 / p77
  • --地動說 / p78
  • --天體運動の原理 / p79
  • --プラトンによる遊星運行の說明 / p79
  • --同心天球說 / p80
  • --ギリシャ人の天體觀 / p84
  • --天體間の距離の測定 / p85
  • --周轉圓 / p87
  • --天體觀測の進步 / p90
  • --古代天文學の集大成「アルマゲスト」 / p93
  • --「アルマゲスト」の天動說 / p96
  • --ルネサンス / p100
  • --コペルニクス / p101
  • --觀測家ティコ・ブラーエ / p105
  • --ケプラー新しい原理へ / p107
  • 二 地上の物體の運動 / p114
  • ギリシャ技術とアリストテレスの動力學 / p114
  • --ルネサンス / p120
  • --ガリレイによる批判 / p122
  • --慣性法則 / p123
  • --自由落下 / p127
  • --力學的エネルギーの保存 / p132
  • --抛物體の運動 / p134
  • 力と運動の關係 / p141
  • ケプラーとガリレイの段階 / p141
  • --重さの概念 / p142
  • --ニュートン / p143
  • --月の落下 / p145
  • --質量概念の導入 / p148
  • --質量と重さ / p150
  • --萬有引力の法則 / p152
  • 力學の完成と海王星の發見 / p157
  • ヘーゲルによるニュートンの評價 / p157
  • --海王星發見の意義 / p158
  • --三體問題 / p160
  • --天王星の奇妙な運行 / p162
  • --アダムスとルヴェリエの計算 / p163
  • --海王星の發見 / p167
  • 萬有引力の原因 / p171

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 物理学入門 : 力と運動
著作者等 武谷 三男
書名ヨミ ブツリガク ニュウモン : チカラ ト ウンドウ
シリーズ名 岩波新書 ; 第94
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1952
ページ数 174p
大きさ 18cm
NCID BN02059280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52006402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想