組合せ論演習  2

László Lovász 著

数学の世界は代数学や解析学の成功によって発展を遂げてきたが、ごく最近になって経済学、統計学、電気工学や他の応用科学によって発生した問題を通じて、組合せ論、すなわち有限集合と有限構造の研究が、それ独自の研究課題や原理を持つことが明らかになった。本書の主な目的は、組合せ論において現在知られているさまざまな手法を学ぼうとする人々への手助けを用意することにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 偶奇性と双対性(Eulerグラフ
  • 双対性
  • 閉路とカットがつくる線形空間と平面性の判定)
  • 第2章 連結度(木
  • 耳構造
  • Mengerの定理
  • 切断集合の計算
  • ネットワーク)
  • 第3章 グラフの因子(k¨onigの定理
  • Tutteの定理
  • 因子の構造
  • 次数列の実現化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組合せ論演習
著作者等 Lovász, László
根上 生也
榎本 彦衛
秋山 仁
Lovasz Laszlo
書名ヨミ クミアワセロン エンシュウ
書名別名 Combinatorial problems and exercises

グラフの構造
巻冊次 2
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1988.3
ページ数 185p
大きさ 21cm
ISBN 4486009975
NCID BN02034053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89008421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
グラフの構造 根上生也 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想