化学繊維 : 人類の夢に挑む高分子の科学

安田武 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一章 動き出した化学繊維 / p13
  • <人類と繊維>
  • 人類の進化と衣服の起源
  • 農耕文化とともに発生した衣替え
  • 麻に始まった繊維利用
  • <化学繊維以前>
  • 洋の東西で異なる繊維の歴史
  • インドから始まった木綿の歴史
  • 自然への挑戦
  • 爆薬から生まれた平和な工業
  • ダイナマイトの発明
  • 人造絹糸の出現
  • シャルドンネの栄光と破滅
  • <化学繊維の勃興>
  • 酸化銅アンモニア法
  • 電球の研究から生まれたビスコース法
  • ドレーファス兄弟とセラニーズ社
  • 第二章 繊維とはなにか / p53
  • <繊維の科学>
  • 混同される繊維、糸、織物
  • 高分子説に至る道のり
  • 新しい武器、X線の利用
  • 人造絹糸の製造原理
  • <ナイロンの発見>
  • デュポンとナイロン
  • 新しい疑問
  • ケラーの折りたたみ構造説
  • 残された数秒間の空白
  • <繊維の成り立ち>
  • 繊維に必要な化学の基礎
  • 分子はあらゆる形をとる
  • 資源はどこにあるのか
  • 第三章 化学繊維のビッグ・フォー / p89
  • <ナイロン>
  • ナイロンが作られる意味
  • ナイロン66の製造法
  • ナイロン6の製造法
  • ナイロン66とナイロン6の相違
  • 繊維の強さとは
  • ヤング率とは
  • ナイロンの用途
  • ナイロンの今後の問題
  • <ポリエステル>
  • ポリエステル繊維
  • ギリシャ神話にちなんだテリレン
  • ポリエステル特許訴訟
  • ポリエステル繊維の製造法
  • ポリエステル繊維の性質と用途
  • <アクリル繊維>
  • アクリル繊維の生い立ち
  • アクリル系繊維の原理、性質、用途
  • アクリル繊維の種類
  • <ビニロンの生い立ち>
  • ビッグ・フォーとはなにか
  • ビニロンを生んだ日本の高分子科学
  • 合成一号、昭和一四年に誕生
  • 産業用用途が特長
  • 第四章 ビッグ・フォーにつづくもの / p143
  • <ポリ塩化ビニル>
  • 不燃性の繊維
  • ポリ塩化ビニルの問題点
  • <ポリエチレン>
  • ポリエチレン繊維
  • 高密度ポリエチレン
  • <ポリプロピレン>
  • 戦後に大発展をとげた有機化学工業
  • 石油化学のあらまし
  • 副成したプロピレン
  • 立体規則性ポリプロピレンの出現
  • 立体規則性重合のしくみ
  • ポリプロピレン繊維の性質
  • <ポリウレタン繊維>
  • スパンデックス
  • 四大合繊にない分野
  • スパンデックスの性質、用途
  • 第五章 これからの化学繊維 / p177
  • <化学繊維のビジョン>
  • 消費者の望むものを
  • これからの化学繊維
  • 輸入品の代替を目指す無駄な研究を廃す
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 化学繊維 : 人類の夢に挑む高分子の科学
著作者等 安田 武
書名ヨミ カガク センイ : ジンルイ ノ ユメ ニ イドム コウブンシ ノ カガク
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1968
ページ数 193p
大きさ 18cm
NCID BN0203045X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68004904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想