経済学の歴史 : いま時代と思想を見直す

J.K.ガルブレイス 著 ; 鈴木哲太郎 訳

今世紀最高の経済学者が書き下した、大河「経済史」。50年来の構想、3年にわたる執筆、アリストテレス、スミス、マルクス、ケインズを語って縦横、未来としての現在を透視。諧謔と皮肉で、読者を魅了する筆致は健在。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アダムの後-古代ギリシャ・ローマの時代
  • 長い中間期-中世の思想
  • 商人と国家-重商主義
  • フランス的構想-重農主義
  • アダム・スミスの新しい世界
  • 洗練、肯定、反乱の種-セイ、マルサス、リカード
  • 偉大な古典的伝統(周辺にいた経済学者
  • 主流にいた経済学者
  • 信仰を擁護した経済学者)
  • 大攻勢-マルクス
  • 貨幣の独自性
  • アメリカ的関心-貿易、独占、富豪
  • 完結と批判-不完全競争理論、ロシヤ革命の影響
  • 大不況の衝撃
  • 福祉国家の誕生
  • ジョン・メイナード・ケインズ
  • 軍神マルスの支持
  • 経済学の最盛期
  • たそがれ、晩鐘
  • 未来としての現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の歴史 : いま時代と思想を見直す
著作者等 Galbraith, John Kenneth
鈴木 哲太郎
ガルブレイス ジョン・ケネス
書名ヨミ ケイザイガク ノ レキシ
書名別名 Economics in perspective

Keizaigaku no rekishi
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1988.3
ページ数 451p
大きさ 20cm
ISBN 4478210136
NCID BN02029643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88031883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想