信託と法人

F.W.メイトランド 著 ; 森泉章 監訳

[目次]

  • 一般的法制度としての信託
  • 信託受益者の権利
  • 信託の起源
  • シュルツェ博士の理論
  • 解除条件付所有権としての受託者(Treuh¨ander)の権利
  • 14世紀のイングランド法の一般的特性
  • 遺言書の作成と国王
  • 信託受益者の権利は誰に対して行使されたか
  • 推定悪意の理論
  • 信託の利用
  • 単独法人の概念
  • 目的のための信託
  • 公益信託の指揮監督
  • イングランドの「法人格なき団体」の諸例
  • ロンドン証券取引所
  • クラブの財産に関する法理論
  • 自治団体のための信託とその歴史的発展
  • 1889年の制定法の条項
  • 地方行政の機関の信託的性格

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信託と法人
著作者等 Maitland, Frederic William
森泉 章
青嶋 敏
メイトランド F.W.
書名ヨミ シンタク ト ホウジン
書名別名 Trust and corporation
出版元 日本評論社
刊行年月 1988.2
ページ数 180, 17p
大きさ 20cm
ISBN 4535577056
NCID BN02026907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88023301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想