楽園・味覚・理性 : 嗜好品の歴史

ヴォルフガング・シヴェルブシュ 著 ; 福本義憲 訳

コーヒーの市民的理性とチョコレートのエロチシズム,喫煙のシンボリズムや酒の飲み方・酔い方の人類学。嗜好品の歴史に時代・社会を読みとる味覚のイデオロギーの歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 香辛料または近代の曙
  • コーヒーとプロテスタンティズムの倫理(偉大なる覚醒者コーヒー
  • イギリスにおけるコーヒーからティーへの移行)
  • チョコレート、カトリシズム、そしてアンシャン・レジーム
  • タバコの乾いた酩酊(喫煙の進化-パイプ、葉巻、シガレット
  • 喫煙の社会的・空間的拡大
  • 18世紀の嗅ぎタバコ文化)
  • 産業革命、ビール、そして火酒
  • 儀式
  • 居酒屋
  • 19世紀の人工楽園(阿片、プロレタリア、そしてポエジー
  • 阿片と植民地主義
  • 新たなる寛容)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 香辛料または近代の曙
  • コーヒーとプロテスタンティズムの倫理
  • チョコレート、カトリシズム、そしてアンシャン・レジーム
  • タバコの乾いた酩酊
  • 産業革命、ビール、そして火酒
  • 儀式
  • 居酒屋
  • 十九世紀の人工楽園

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 楽園・味覚・理性 : 嗜好品の歴史
著作者等 Schivelbusch, Wolfgang
福本 義憲
シヴェルブシュ ヴォルフガング
書名ヨミ ラクエン ミカク リセイ
書名別名 Das Paradies,der Geschmack und die Vernunft

Rakuen mikaku risei
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1988.2
ページ数 240, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4588276425
NCID BN02024821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88029524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想