城下町和歌山百話

三尾功 著 ; 和歌山市史編纂室 編

[目次]

  • 城下町和歌山百話 目次
  • 序 和歌山市長 宇治田省三
  • 序 市史編纂委員長 薗田香融
  • はじめに
  • 1 歴史をみる眼 / 2
  • 2 生の史料の大切さ / 4
  • 3 失われた町の史料-駿河町の場合- / 7
  • 一 近世の幕明け
  • 4 鉄砲伝来と紀州 / 12
  • 5 なぞの人 鈴木孫一 / 15
  • 6 孫一は二度死んだ? / 18
  • 7 鷺森本願寺と上人窟 / 20
  • 8 天正十年の雑賀動乱 / 23
  • 9 秀吉の紀州攻め / 25
  • 10 太田城水攻め / 28
  • 11「太田も放火候」-太田城落城- / 32
  • 12 秀長と桑山重晴 / 34
  • 13「只今の御代には」-天正検地- / 37
  • 14「和歌山」の起源 / 39
  • 15 浅野時代の和歌山城 / 42
  • 16 家康手植えのミカン / 45
  • 17 和歌山とおどり / 47
  • 18 浅野時代の教会 / 49
  • 19 キリシタンとその信仰 / 52
  • 20 浅野氏 広島へ / 55
  • 二 南海の鎮 和歌山城
  • 21 上方・西国の鎮守 / 60
  • 22 板張りだった天守閣 / 63
  • 23 小天守は古天守か / 66
  • 24 二の丸と西の丸 / 69
  • 25 広かった砂の丸 / 71
  • 26 邦安社と松平山城守 / 74
  • 27 再建された一の橋御門 / 77
  • 28 赤門だった追廻門 / 79
  • 29 お城の火事と町人 / 85
  • 30 天守閣再建の新史料 / 87
  • 31 紀州の殿様 お国入り / 90
  • 32 遠い江戸への道 / 92
  • 33「御初入」と人足 / 95
  • 三 城下町と町人
  • 34 城下町の拡がり / 100
  • 35 町名のない町-武家町- / 103
  • 36「まち」と「ちょう」と / 106
  • 37「ぶらくり丁」のことなど / 109
  • 38 かけづくり丁 / 113
  • 39 道場町と寺町・元寺町 / 116
  • 40 堀止と新堀川 / 118
  • 41 江戸時代の町名変更 / 122
  • 42 城下町和歌山の土地利用と人口 / 124
  • 43 町人と町役人 / 127
  • 44 町人の負担 / 130
  • 45 町奉行所のこと / 133
  • 46 同心の住む町 / 135
  • 47 武家奉公人のこと / 138
  • 48 若殿様御誕生 / 139
  • 49 幻の豪商 雑賀屋 / 141
  • 50 たった一字で大違い-藩札- / 144
  • 51 ある町人のお正月 / 148
  • 52 商家女房の日記「日知録」 / 149
  • 53 石打ちとこぶち / 152
  • 54 和歌祭-陸と海の祭典- / 153
  • 55 いきみたまの祝儀-七月の行事- / 156
  • 56「父母状」と反骨の心 / 158
  • 57 研究への情熱を学ぶ / 160
  • 58 宗門改めと人口調査 / 162
  • 59 田の虫おくり / 164
  • 60 洪水と堤防の強さ / 165
  • 61 安政二年の大火 / 168
  • 62 年貢納入の季節 -百姓と秋- / 170
  • 63 加太浦と関東出漁 / 173
  • 64 旅網への御用金 / 174
  • 65 和歌新浜塩をめぐって / 176
  • 66 雑賀崎の漁場争論 / 178
  • 四 幕末・維新のころ
  • 67 長州征伐と町人 / 184
  • 68 分からない言葉-藩政改革- / 185
  • 69 江戸藩邸の引き上げ / 188
  • 70 年始状と年賀状 / 190
  • 71 交代兵と寺院 / 192
  • 72 さる方とは誰? / 195
  • 73 共立学舎と洋学 / 197
  • 74 加太浦で難船 / 200
  • 75 初めての博覧会 / 202
  • 76 維新と和歌山城 / 204
  • 77 明治初年の和歌山を訪ねて / 207
  • 78 小学校の誕生 / 209
  • 79 加納町-神戸・和歌山- / 211
  • 80 徳義社と士族授産 / 214
  • 81 明治時代の女学校 / 217
  • 82 一通の手紙-陸奥宗光逮捕の日- / 219
  • 83 幻の「和歌山区史」 / 222
  • 84 明治時代の私塾 / 224
  • 五 和歌山市誕生と市民
  • 85 明治二十二年七月五日 / 228
  • 86 五万人の謎 -市制施行時の人口- / 230
  • 87 新しい村の誕生-町村制施行- / 232
  • 88 市役所とくすの木 / 235
  • 89 市歌と市章のこと / 238
  • 90 紀ノ川の洪水 / 244
  • 91 弁財天山の碑-四役戦亡記念碑- / 247
  • 92 日露戦争と軍隊 / 250
  • 93 町総代と家長会 / 252
  • 94 紀勢鉄道開通の日 / 254
  • 95 埋もれゆく近世-外堀のこと- / 257
  • 96 文化遺産を守る-内堀のこと- / 259
  • 97 正月始と大晦日 / 265
  • 98 大正期のお正月 / 267
  • 99 ちょっとした?省略-市堀川- / 270
  • おわりに
  • 100 わかやま四〇〇年 / 274
  • あとがき 和歌山市史編纂室

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 城下町和歌山百話
著作者等 三尾 功
和歌山市
和歌山市史編纂室
書名ヨミ ジョウカマチ ワカヤマ ヒャクワ
出版元 和歌山市
刊行年月 1985.9
ページ数 278p
大きさ 19cm
NCID BN02022316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86024220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想