人間にとって都市とは何か

磯村英一 著

[目次]

  • 目次
  • 序にかえて-都市とは何か / 7
  • デロス・シンポジオン
  • 復活の都市
  • 小さなメガロポリス
  • 都市とは何か
  • 第一話 都市の人間(I) / 21
  • その一 人間のメタボリズム / 21
  • ターミナルの人間
  • 定着する都市の人間
  • その二 動きのなかの人間 / 29
  • 動けない都市の人間
  • 都市の底辺のスラムの人間
  • 都市の底辺のドヤの人間
  • 動く都市の人間
  • 動く人間のリズム
  • 動ける都市の人間
  • その三 都市の人間と第三空間 / 49
  • 人間の空間本能
  • ニューヨークの住み込み職場
  • 三つの生活空間
  • 第三の生活空間
  • 一日完結の生活空間
  • 第二話 都市の人間(II) / 69
  • その一 都市の住民と市民 / 69
  • 都市の住民とは何か
  • 住民意識と市民意識
  • 市民不在の都市形成
  • 変わる市民意識
  • 市民参加と市民憲章
  • その二 都市の人間の特徴 / 87
  • 江戸っ子
  • 都市の人間の行動の類型
  • ロール・スウィッチング
  • 郷土人的都市人
  • 第三話 都市の定員 / 97
  • 都市の定員とは何か
  • 日雇いという名の裏定員
  • 補欠という名の学生
  • 都市の定員と施設
  • シビル・ミニマムと定員
  • 第四話 教育の場としての都市 / 112
  • 現代日本のつくる学生像
  • 教育の場の選択
  • 日本人の出世コース
  • 都市と大学の立地と役割
  • 学園都市の中の人間
  • 第五話 都市社会と宗教 / 127
  • 都市の孤独なる大衆
  • 占いにみる都市人の性格
  • 貧困階層と宗教意識
  • 浅草の観音様
  • 都市人の中の宗教
  • 第六話 都市社会のパーソナリティ / 139
  • 環境とパーソナリティ
  • 日本的アーバン・パーソナリティ
  • 〝デロス集会〟での評価
  • アーバン・パーソナリティ
  • サバービヤ(都市周辺地区)とパーソナリティ
  • 第七話 アーバン・コミュニティ / 157
  • その一 / 157
  • コミュニティの考え方
  • コミュニティ形式のモデル
  • 江東地区コミュニティ
  • コミュニティ・コンセンサス
  • 越境コミュニティ
  • イギリスのニュー・タウン
  • その二 / 178
  • アーバン・コンプレックス
  • 終章 人間と共につくる都市 / 183
  • 都市の危機とは何か
  • 繁栄のなかの貧困
  • 高密度社会の都市
  • 都市の未来像を描く
  • 都市人はどうなる
  • 個性の自由と都市空間
  • あとがき / 207

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人間にとって都市とは何か
著作者等 磯村 英一
書名ヨミ ニンゲン ニ トッテ トシ トワ ナニカ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1968
ページ数 210p
大きさ 18cm
NCID BN02020194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
71003168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想