クロード・レヴィ=ストロース : あるいはアイソーポスの新たな饗宴

オクタビオ・パス 著 ; 鼓直, 木村栄一 訳

レヴィ=ストロースの人類学的・哲学的・美学的な思考と独創性を綿密に解続しつつ、神話・音楽そして詩と言語の世界に展開される、真率な批評的営為、多彩かつ豊饒な思索。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地質学的な隠喩。言語的交渉と性的交渉、すなわち価値、記号、女性。
  • 象徴、隠喩、方程式。位置と意義。アジア、アメリカ大陸、ヨーロッパ。三つの透明なもの、すなわち虹、毒物、フクロネズミ。精神、何ものでもない何か。
  • 調子はずれの間奏曲。シンデレラ擁護と余談あれこれ。言葉の三角形、神話、叙事詩、そして詩。
  • 特性と概念、対と組、象と虎。直線と円。進歩の悔恨。同化、改宗、排除。黄金時代の終末、そして書記の始まり。
  • 慣習的行動と象徴。《はい》あるいは《いいえ》、プラスあるいはマイナス。人間の無意識と機械の無意識。自らを破壊する記号、変容。タクシーラ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クロード・レヴィ=ストロース : あるいはアイソーポスの新たな饗宴
著作者等 Paz, Octavio
木村 栄一
鼓 直
パス オクタビオ
書名ヨミ クロード レヴィ ストロース
書名別名 Claude Lévi-Strauss. 1984 ed
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 227
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1988.3
ページ数 162p
大きさ 20cm
ISBN 4588002279
NCID BN02019151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88032039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想